千田琢哉曰く、

2014年10月20日06時25分04秒_001
2014年10月20日06時25分04秒_002

シビアな世界はどこも一緒。

逆に言えば、潔くて清々しい世界。

売れれば、モノが言えるし、
売れなければ、誰も聞いてくれない。

売れれば、人は着いてくるし、
売れなければ、人は離れていく。

「売れる」「売れない」は世の中の答え。

すべての答えです。

答えは追い求めなくても、
身近にあったのです。

千田琢哉曰く、
「この緊張感を心から楽しめる人でなければ、
 職業作家として生きていくの向いていない。」

「緊張感で潰される、潰されないようにする」
といった低次元の話ではなく、
楽しめるか、否か。








雰囲気がまるで、ぬるま湯のようであれば、
そこで何かビッグなことを成し遂げるのは難しい。

                   byイビチャ・オシム






大成は、いい環境では生まれない。

トマトは、土の環境が悪ければ、悪いほど、
甘さとうまさが出てくる。

劣悪な環境ほど、自分を成長させてくれる。

ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分04秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ