千田琢哉曰く、
2014年10月20日06時25分10秒_001


千田師にとって、「クヨクヨ編集者」は、
困った存在ではありません。

千田師にとって、「クヨクヨ編集者」は、
ありがたい存在だそうです。

「クヨクヨ編集者」は「ネタの製造機」だから。

仕事ができなくて、クヨクヨしている。

恋愛ができなくて、クヨクヨしている。

お金がなくて、クヨクヨしている。

読者より、クヨクヨ人生を送っている人でなければ、
いい本は作れません。

人知を超えるクヨクヨに、
売れる要素が詰まっています。

千田琢哉曰く、
「読者にもクヨクヨする人が多いため、
 互いに共鳴するものがあるのではないだろうか。」

共鳴するから、本が生まれる。

相手の気持ちがわかるのは、
相手の気持ちを経験している必要がある。

当事者でなければ、永遠に気持ちはわからない。







お客様に共鳴してもらう重要性。

           by堺屋太一




相手の気持ちがわかることが、
世の中の仕事を成り立たせている。

病気を治してほしいから、医者がいる

おいしい料理が食べたいから、料理人がいる。

元気になりたいから、作家がいる。

ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分10秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ