千田琢哉曰く、

2014年10月21日06時39分36秒_001

怒りの感情は本能です。

それは、生きていくためには必要なもの。

「怒り」=「悪」と決めつけるのは早計です。

「怒り」には抵抗するのではなく、
仲良くなるのだと。

怒りがこみ上げてきたら、
「お、怒り君こんにちは!」と親しくなってしまえばいい。

千田琢哉曰く、
「あなたの人生の課題は『君、ちゃん』をつけて呼んで
 一緒に乗り越えてしまえばいいのだ。」

「怒り君」の他にも、
「悲しみ君」
「どん底君」
「ムカつき君」
「かったるい君」
「つまらないさん」と付けてしまえばいい。

自分の感情にすら、三人称で考えれば
人生は楽しくなる。





誰でも怒ることはできる。
それは簡単なことだ。

        byアリストテレス




簡単さ故、自分の思い通りにはならない。

簡単さ故、相手に届かない。

簡単さ故、頭で考えなくていいから楽。

簡単さ故、競争率が高い。

簡単さ故、価値が低い。

ゆうそ曰く、

2014年10月21日06時39分36秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ