千田琢哉曰く、

2014年10月22日06時12分47秒

何をしても、長続きしない。

どんなに頑張っても、三日坊主。

やる気があるのは、いつも最初だけ。

続かない自分に、嫌気がさす。

けれど、今日の名言ですべての
つじつまが合う。

「続かないことは、必要ない」

なるほど、続かないことは、
本能が受け付けないということ。

本能が選択していることだと。

体が無駄なものを排出するように、
頭も無駄なことはやめようとしている。

千田琢哉曰く、
「放っておいても続くことが、
 自分にとって必要なものだ。」

気づいたら、朝を迎えていた。

気づいたら、ご飯を忘れていた。

息づいたら、実績を残していた。

自分にとって必要なことは、
いつも「気づかない自分」がいる。







没頭することの大切さ。

          byアインシュタイン




理想も固定観念もない、幼少期にこそ、
自分の「没頭力」が眠っている。

本当の自分探しとは、
「建前なしにのめり込むこと」。

のめり込んでいることさえ、
気がつかない。

ゆうそ曰く、

2014年10月22日06時12分47秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ