千田琢哉曰く、

2014年10月22日06時12分49秒_001
2014年10月22日06時12分50秒

規模の違いです。

戦争も大規模ないじめです。

なぜこの「いじめ」は起きるのか?

それは今日の名言。

「価値観の相違」

宗教戦争も、国家の内紛もすべて
「自分が正しい」の主張です。

価値観を押しつけるのが、いじめというもの。

価値観とは共有するものではなく、
共存するもの。

相手の意見を理解することを共有しなければ
なりません。

千田琢哉曰く、
「自分の欠点をきちんと認められる人は、
 知的で温かい人。」

正しさは、自分にとっての正しさでしかない。

誰かにとったら、つらさでしかないのかもしれない。

「ひょっとしたらおかしいかな?」
と思える心が大事。

芯のある心も大事。

クヨクヨナヨナヨした心も大事。

足して2で割る。





自分の価値観をもって生きるってことは
嫌われても当たり前なんだ。

             by岡本太郎




間違っていて当たり前。

変で当たり前。

この世に「絶対」が存在しない以上、
当たり前のこと。

ひとつ言えるのは、
一つの考えしか持たないのは、
正しさではない。

ゆうそ曰く、

2014年10月22日06時12分50秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ