2014年12月21日06時01分14秒0001_R
というのは、
いるときには気がつかないが、
いなくなった時に気づくものだ。





失って初めて感じる。

時すでに遅しの状態で、初めて感じることができる。

「無」になった時「有」を感じる。

自分の目で見ないと、人は臨場感を感じられない。

幸せとは、「有」の時、「無」を感じることが
できる心のことです。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ