この大変革期に小粒同士が
傷を舐め合って‘悟り2015年01月24日21時55分43秒0003_R
`
している場合ではない。



「小粒同士の悟りごっこ」とは
「年収なんて上がらない」「毎月固定収入があるだけでありがたい」
とのたまっている人のこと。

感謝するのはいいけれど、悟るのは早計。

千田琢哉曰く、
「悟るのは、大粒になって
 世の中に影響を与える存在になってからでも遅くない。」

頂点に登り詰めた人でなければ、
諭されたとしても、心に響かない。

実績を残した人の言葉の言葉は
一発が重い。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ