物事の本質を理解するのは、
理屈ではなく、いつも
2015年01月24日21時55分43秒0006_R
なのだ。



どんなに理路整然とした理屈を並べられても、
心に響かない事がある。

腑に落ちる時は、ちょっとした一言でも、
「ストン!」と落ちる。

ドアの鍵がカチャッと開く、あの感覚。

理由がなくてもいい、根拠がなくてもいい、
自分の中のもう一人の自分が納得してくれる。

それが本質を理解できたということ。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ