「働かざる者食うべからず」ならなぬ2015年02月10日22時15分16秒0001_R
者、生きるべからず」ということになる。


「変わらざる者、生きるべからず」とは
どういう意味でしょうか?

それは、「無常」です。

「無常」とは、
この世のすべては、永遠に変わり続ける。
始まりも終わりもない。常は無いということ。

無常に反した生き方では、
人間は生きられないということ。

常に変化に対応できなければ
人間は生きられないということ。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ