千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「働かざる者食うべからず」ならなぬ2015年02月10日22時15分16秒0001_R
者、生きるべからず」ということになる。


「変わらざる者、生きるべからず」とは
どういう意味でしょうか?

それは、「無常」です。

「無常」とは、
この世のすべては、永遠に変わり続ける。
始まりも終わりもない。常は無いということ。

無常に反した生き方では、
人間は生きられないということ。

常に変化に対応できなければ
人間は生きられないということ。

 「本を読んだ人だけがどんな時代も稼ぐことができる」

0 Comments

Leave a comment