FC2ブログ

「好きこそものの継続なる」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『教科書に載っていなかった20代の哲学』より。


「根性があるから続けられるのではない
 
 好きなことだから続くだけ」


千田さん曰く、
『根性や忍耐力があるから
 続けられるのではありません。

 嫌いなことを根性や忍耐で続けた人は
 廃人になります。

 続けている人は
 好きなことをやっているから
 続くだけ。』
と。




「継続は力なり」といいますが、
その力となる
「継続」をするにはどうしたらよいか
疑問視されます。


正解は至ってシンプル。


「やめろ」と言われても
ついついやってしまうことが
結果として継続することに繋がるだけ。


好きだからついついやってしまう。

「気がついたらここまで来てた。」
というように。


頑張って続ける、義務的に
なる時点で継続はできません。



「好きなことで埋めつくされた人生」と
「義務的で頑張ってやらされる人生」

見るも無惨な差です。


「継続」とは結果論であって
その過程が重要です。





追伸
世間体を気にしたり
尊敬されることを自ら選択すると
義務的な人生になります。


尊敬は勝手にされるもので
自ら選択するものではありません。



コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ