今日の一万円と明日の一万円とでは、
2015年02月10日22時18分18秒0010_R
意味が違う。


千田琢也曰く、
「今日の一万円があれば救われた命が
 明日の一万円では救われないこともあると、
 約束の期日までにお金が振り込まれなかったばかりに
 首を吊った社長なんてそれこそ数え切れないほどいるのだ。」

なるほど。

たった一日。されど一日。
たった一万円。されど一万円。

今日の一万円と、明日の一万円では
天国と地獄の差だとわかります。

「遅刻」とは
相手の命を間接的に奪っているということ
なのです。


コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ