うっかり続いたことが、
2015年04月22日22時13分33秒0023_R


「うっかり続いたこと」と言うのは、
何の苦もなくやってしまったこと。

他人の半分の労力で、他人の倍の成果を出せたこと。

そんな「うっかり」が神様からの贈り物。

逆に、倍の努力をしても、
半分の結果しか出ないのならそれは
やってはいけないもの。

僕たちは、やってはけないことを
平気でやってしまっている。

気づいていても、止められないでいる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ