死別とは、別れることではなく
2015年04月22日22時13分33秒0026_R
ということだ。


死別したらもう、会うことはできません。

けれど、死んでも「無」になるわけではありません。
そこには、残るものがあります。

残された者に、残るもの。
それは「思い出」です。

思い出は、自分が忘れない限り
永遠に残る。

その思い出が心に残ることが、
「故人との一体化」だと。

生きる者と、死ぬ者の一体化。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ