2015年05月24日18時55分16秒0001_R
指導されていることに気づく。



指導しているということは、
指導しなければならない状況があるということ。

その状況をつくってくれたのは、
指導される側の部下だったのです。

その部下が優秀なら、
そんな状況に巡り会えなかった。

手の焼ける部下だったから、
自分に指導力がついた。

当たり前のことも、掘り下げると
実は自分が助けれていたことに気づかされる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ