2015年05月24日18時55分16秒0003_R
生きてやろう。



・・・明言。

「死ぬまでは生きてやろう」
この言葉にはじまって、この言葉に終わる。

人は死に対して、消極的にならざるを得ないから
あえて、積極的に生きてやる。

どうせ死ぬのなら、死ぬまでは生きてやる。
するとこんな感情が沸いてくる。

千田琢哉曰く、
「朝目が覚めたら、手のひらを合わせて
 ありがとう。」

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ