2015年05月24日18時55分16秒0027_R
人生を開くボタンでもある。


エレベーターに乗るとき
人の足音が近づいているのに
「閉」ボタンを連打する人がいる。

たったそれだけのこと。

たったそれだけのことに、人は気がつく。

たったそれだけのことに、人は評価する。

たったそれだけのことに、人は結論を出す。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ