2015年07月22日06時06分09秒0002_R
と考えて生きるくらいで
ちょうどいい。



大袈裟ではなく、
実に本物。

命は限りがある。

今こうしている瞬間も死に
向かっている。

相手の時間を奪う、「遅刻」は
相手の命を奪っている。

「死刑」くらいの緊張感は
あっていい。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ