2015年08月03日04時38分49秒0009_R
「安者」の人脈が構築されていく。


安ければ何でもいい。
と言う人は多い。

けれど安さに価値を求めると、
本来の目的を見失う。

買うはずでは無かったものを
買ってしまう。

行き着くところは
「安物買いの銭・・・」で終わる。

自分自身を買い叩いていることとなる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ