千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「金槌の方にはなりたくない」




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「出る杭が打たれるのではなくて

 実力不足なのに目立とうとするから

 打たれるのだ」


千田さん曰く、
『「出る杭は打たれるんだ!」
 それは単なる実力不足の人間の言い訳。

 「出過ぎた釘は打たれない」のである。

 2位のスコアの3倍は抜きんでる事。』



そう、
圧倒的な実力差があれば
呆気にとられて
誰も何も言うことはありません。

むしろ言えない。


二位を取った人と
三位を取った人では
「悔しさ」が天と地くらいの差が
あるそうです。

二位の人は
「後一歩で一位だったのに・・・」
と「悔しさ」の念が、
三位の人に比べて強いそうです。


三位の人は半ば諦め。


「僅差」というのは
一番「打たれて」しまうのです。


だから
千田さんのいう
「圧倒的実力差」をつけてしまえば
相手をひれ伏すことができるのです。


僕たちはただひたすらに
実力をつけることがすべきことだと
思いました。


嫉妬されている間は
まだまだ甘ちゃんです。


追伸


「出る杭は打たれるが、
 出過ぎた杭は誰にも打てない。
 出ない杭、出ようとしない杭は
 居心地はよいが、そのうちに腐る」

                 by堀場雅夫


どんな道を選んでもあなたにとって「正解」

あなたがどう思うかだけ。

それが人生。



 「20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる」

0 Comments

Leave a comment