千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「常識革命」




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』より。


「現状を変えるには
 
 現在の自分の常識を

 変えなくてはならない」



千田さん曰く、
『あって当たり前のものを
 ひとつ手放してみる。

 すると、
 時間とお金が自由になる。

 思い込みを捨てること。』


常識とはいったい何者なのか?


「常識」…
一般の社会人が共通に持つ、
また持つべき普通の知識・意見や判断力。


「一般の共通に持つ意見や判断力…」

ただそれだけ。


当り前の如く、存在し
人は何も疑うことなく、それに従う。

時にはそれを振りかざし
正義とする始末。


「常識だから…」


常識とは実態のないもの。

所変われば全く違う意味になることも。




「常識」=「正しい」

危険なのはそれを疑うことをしないことです。

本当に正しいかどうかなんて、
自分で体感して判断するしかありません。


「そんなん常識でしょ。」の前に
一度、頭の中をフラットにしてよく観察することです。

「灯台もと暗し」と言いますが
当り前の事ほどよく見てみる必要があります。



追伸
「常識と非常識がぶつかり合った時に、
 イノベーションが生まれることがあるんです」
                  
                  by井深大


常識も非常識も全部ひっくるめることで
いい「ダシ」が出るんじゃないかと思います。

 「20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる」

0 Comments

Leave a comment