2015年11月20日04時52分26秒0002_R
現在の延長線上のどこか遠くに
死があると考える。



こう続きます。
「反対に腹の底から死を実感した人は、
 死から逆算して現在を捉えている。」

死を考えるとき、
「未来」に死があると考える人、
「今」に死があると考える人とに分かれる。

未来に死があると、今を先延ばしにする。

今に死があると、今を生きようとする。

死に期日はないことを考えると
後者が正解となる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ