2015年12月22日07時44分54秒0018_R
それは無意識のレベルの努力なのだ。


「無意識のレベルの努力」
それは、もう努力ではなく、
日常生活行動。

もはや、
体の一部と化している。

それを周りが「努力!」
と言っている。

体の一部として
取り込めないのは、
自分の遺伝子が抵抗している証。

やりたくないなら、やらなければいい。

やりたかったら、やればいい。



コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ