2016年01月03日07時38分46秒0005_R
成長していくから、
しばらく平たんに見える時期こそ耐え抜いて
下へ下へと根を伸ばしていけばいい。



平たんの道のりは、苦しい。

苦しい時ほど、上を見てしまう。

上を見ると、ますます苦しくなる。

幸せは逆にあるので、
苦しいときは、下を見る。

下とは、自分の足元。
自分の今、持っているものに
目を向ける。

有り難いものに目を向けて
淡々と歩いていく。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ