FC2ブログ

「水のチカラ」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「人のレベルも放っておくと
 
 高きから低きに流れやすい」



千田さん曰く、
『結構イケてる人でも
 イケていない人グループの中にいると
 イケてない人になってしまう。

 水が高きから低きに流れるように
 人のレベルも放っておくと低きに流れやすい。

 花形部署にはモテる人が集い、
 斜陽部署にはモテない人が集う。』
と。


「類は類を呼ぶ」
と言いますが、正確には
「類は類になる」のです。

「類」の中に居ると
「類」になってしまうのです。

エネルギーが高いところから
低いところへ流れるのと一緒です。


人は同調してしまう生き物。


結果、
「優れたグループ」「劣っているグループ」
が自然と出来上がるのです。



一流になりたいのなら
いつも一流に触れている必要があります。



「頭ではなく肌で感じて初めて人は成長できる」
のではないかと思います。




追伸

「選択するということは優先度をつけることであり、
 エネルギーの分散を極力避けることである。」

                      by利根川進


逆に言えば
エネルギーは自らコントロールしないと
分散されるということ。

自ら選択することも大事なことです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ