2016年01月22日06時43分25秒0007_R
一目散に逃げていいのだ。


「僕がいないと・・・」
「わたしがやらないと・・・」
ということがある。

この強迫観念は、誰から与えれたもの?
誰でもない、自分から与えられたもの。

自分で自分を追い込んでいるが、
それは自惚れでしかない。

仮に自分がやらなくても、
誰かがやって、今日も世の中は回っていく。

自分の命には、替え難いと思う。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ