2016年01月22日06時43分25秒0009_R
「当然」という言葉を
使ってはいけない。



「当然」は自分と対等か、
それ以下に対して使う言葉。

それを言った瞬間に
優劣をつけてしまう言葉。

人は「立場」を何種類も演じる。

自分が上の時もあれば、
自分が下の時もある。

この資本主義経済において、
常に上でもなく、常に下でもない。

立場によって、使っていい言葉が変わる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ