2016年03月10日04時43分57秒0007_R
まず共感を抱いてもらうことがスタートだ。


人は欲しいものにお金を払う。

欲しいものというのは、
共感を通り越している状態。

逆に言えば、欲しくないものは
想われていないもの。

存在を確認されて、
はじめて土俵に上がれる。

そこで共感され、
共感を通り越せば買ってもらえる。


コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ