2016年04月01日06時06分21秒0006_R
気づかされて人生がとても面白くなる。


ゲーム感覚だとこうなる。

その世界があり、主人公の自分がいて、
それをプレイする自分がいる。

つまり、第3者として、
人生をプレイできる。

例えゲームオーバーになっても
リセットして、新たにスタートできる。

無責任な考えではなく、
現実そのままである。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ