2016年04月15日09時08分23秒0005_R
どちらでもあなたの好きな方を選べばいい。


応援するような状況にあるなら、
すでに実力の差は明らかである。

嫉妬するような状況にあるなら、
もう目も当てられない。

そこで潔く眺めることができるか。
嫉妬に狂ってしまうかは、

自分の好み。

楽な方を選べばいい。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ