2016年05月01日04時50分28秒0001_R
と思っていても、
現実に戻ると人は脆い。



何かのきかっけで、感化され、
人は一念発起する。

「その時は」である。

その日はギリギリやる気になっているが、
翌朝はもう忘れかけていることが多い。
普段の朝と何ら変わらない。

やる気がアップしても、
体温と一緒で平熱に戻ってしまう。

それは人間の弱さというか
強さというか。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ