2016年05月01日04時50分28秒0012_R
映画それ自体の出来映えよりも、
見る人がどれだけ人生経験を積んできたかで決まる。



子供の頃に観た映画を大人になって観る。

すると、点と点が線になったように、
面白く感じる。

人生経験を積んで
見る角度や解釈が変わったから。

これが、もっと大人になると、
年を重ねれば、重ねるほど、
解釈は変わり、面白くなる。

人生は、どんどん面白くなるように、
できている。

P.S.
子供の頃は、「観」るというより、「見」る。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ