2016年07月10日21時37分15秒0005_R
間違いを受容して、
そのまま身を任せてみるのだ。



間違いを受け入れられないと、
間違いを恨んでしまう。

間違いを恨むとは、自分を恨むと同様。

それでは旅は楽しくならない。

そのまま身を任せることで、
違った角度で見ることができる。

「間違った角度」ではなく、
「違った角度」なだけ。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ