2016年07月10日21時37分15秒0005_R
間違いを受容して、
そのまま身を任せてみるのだ。



間違いは、単純に「ズレ」でしかない。

ズレを修正する為の周囲の指摘。

けれど、「ズレ」は世間からズレていただけであって
本質からはズレていない。

だからこそ、川の流れに身をまかせてみて
結果を観察してみる。

本質はズレていないからこそできる事。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ