2016年07月10日21時37分15秒0015_R
何と考えるだろうか。
それは匂いだ。



視覚、聴覚は映像を通せるが、
嗅覚だけは、映像を通せない。

けれど、匂いこそ記憶に残るものはない。

物の匂いというより、その場の匂い。
雰囲気の匂いが一番記憶が蘇る。

雰囲気の匂いで、
「楽しかったな」と思える過去もあれば、
「つらかった」と思える過去もある。

一次情報と二次情報の差が大きいのは、
五感でどう感じたか?どう思えたか?
ということ。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ