2016年08月01日21時15分07秒0004_R
表現したり創作したりするのとでは、
むしろ対極の関係にある。



同じ「好き」の中でも、
「受動的に好き」と「能動的に好き」がある。

「料理が好き」と一言で言っても、
「作るのが好き」なのか「食べるのが好き」なのかで
好みが変わる。

「作るのも好きだし、食べるのも好き」と言う人。

「作るのは嫌だけど、食べるのは好き」と言う人。

能動的に好きでなくては、飯は食えない。

(二伸)
「作る」のは好きだけど、「創る」のは嫌いな人もいる。

その逆も然り。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ