2016年08月01日21時15分07秒0011_R
を貪り読んでいるうちに、
「もっとこんな活字の組み合わせができるのではないか?」
と思うようになり、
結果として今の仕事をやっているのだと思う。



「もっとこんな組み合わせができるのではないか。」
がこの世を進化させてきた。

「こんな組み合わせにしたら、絶品料理ができた!」

「こんな組み合わせをしたら、ハイブリットカーができた!」

「こんな組み合わせをしたら、大人気アイドルができた!」

「もっとこんな組み合わせが!?」は、
夢中の中にある。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ