2016年08月01日21時15分07秒0017_R
・今はお話にならない実力なのに、
 自信が全身に漲ってくる。
・それ以外の事は、目に入らなくなってしまう。
・一生を捧げたいと、一点の曇りもなく思うことができる。



・どこか自信がなく、
・周りの目が気になって、
・迷ってしまう
というのは、天職とは程遠い。

自信があっても、迷ってしまってしまうなら、
天職ではない。

周りの目は気にならないけれど、
自信がないことは、天職ではない。

迷いはないけど、周囲の目が気になる。
それも天職ではない。

周りから、「浮いている」と言われても
気がつかない。
それが天職。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ