2016年08月31日21時03分06秒0004_R
評価の対象になるのだ。


締め切りを守ったところから、スタート。

締め切りを守ったところから、相手にされる。

どんなに優秀な作品でも、相手にされなければ、
無いのと同じ。

どんなに凡作でも、相手にされれば、
一応存在を与えられる。

締め切りを死守するのは、
至って普通なこと。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ