2016年08月31日21時03分06秒0012_R
だが、時間は予め自然界に備わっていたものであり、
絶対なのだ。



お金が絶対なら、お金だけあれば、
幸せになれるはず・・・
だが、現実は違う。

時間は資源であり、有限であり、お金であり、
人生であり、命である。

つまるところ、
意味づけは人間がしているだけのよう。

時間そのものの概念も人間が創り出した。

自然の流れであり、淡々としている。

無いとも感じるし、あるとも感じる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ