2016年08月31日21時03分06秒0016_R
努力をしながらも、
それでも失敗してしまうようなことに
挑戦し続けようとすることだ。



「失敗しないように努力」していても、
失敗してしまうことは、
自分に無い部分。

自分が想定できないことが、
失敗という形になる。

「自分に無い部分は、目には見えないので、
それが視覚化する」
という話。

そこで終わらないのは、
あきらめが悪いのではなく、
潔い。

全力を尽くした失敗に、
本当の自分が潜んでいる。





コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ