FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「ロバ」




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉ブログ『ki du ki』より。

「人生を好転させるバンジージャンプお試しあれ」


千田さん曰く、
『腐った人脈を絶つことから素晴らしい人生がスタートする。

「興味ない」の一言が言えないと泥沼人生に引きずり込まれる。

 あなたの人生や人脈がパッとしなかったのは
「興味ない」の一言が言えなかったから。』
と。



旧友から借金や押し売りをされて
嫌われまいと「断れない」人がいる。


曖昧な表現でお茶を濁したりする。


千田さんは言います。
『「興味ない」の一言が言えないから人生や人脈がパッとしない』
と。


もうすでに相手も決めています。
あなたのことを「金」でしか見ていないということに。

だからこちらも覚悟を決めて
「興味ない」と断ってあげるのがお互いの為。


「人生を好転させるバンジージャンプ」


飛ぶ前は怖くて仕方ないけれど
飛び終わったあとの爽快感は病みつきになります。


この「人生のバンジージャンプ」

「飛ぶ」「飛ばない」の選択肢の他に
「飛ぶか飛ばないかどうしよう」という選択肢もあります。


世の中の大多数の人がこの
「飛ぶか飛ばないかどうしよう」の人生で幕を閉じます。




「ビュリダンのロバ」という有名な寓話があります。

別れ道でおなかをすかせたロバが迷っている。
右に行けば水があるかもしれないし、
左に行けば餌があるかもしれない。

ロバがどうなったか?

結局どちらの道も選ぶことができず餓死してしまった。


という話ですが
世の中の大多数の人たちがこの
「餓死してしまったロバ」なのです。



「どちらにしようか」というのも
選択肢の内のひとつだったのです。


時間と共に自分を取り巻く状況は変化して行くのは
自然の摂理です。





追伸
「好転する前には、悪化するという段階もあり得る。」

                     byチャーチル




それが人生の醍醐味でもあります。


「完璧」なんてつまらない。

「完璧」・・・そんな言葉すら存在しません。


 


 千田琢哉ブログ「ki du ki」

0 Comments

Leave a comment