2016年10月22日15時13分20秒0001_R
必ず「誰かに嫌われること」もある。


人が理論でできていない以上、
必ず意見が割れる。

細胞分裂の如く、
いつもどこかで分裂している。

好かれることもあれば、
嫌われることもあるのは、当然の話。

同じというのは、危険なことでもある。

人との違いを気にするのに、
同じでは嫌な生き物、それが人間。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ