2016年10月22日15時13分20秒0009_R
守る。


一日が終わり、
残った時間を自分の時間にするのは、難しい。

普通に生活していれば、ほとんど残らない。

だったら、最初から自分の時間を確保しておく。

最初から確保しておけば、
他人から時間を奪われそうな時、
「No」と言える。

目的がなければ、流されて他人の人生の奴隷。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ