2016年10月22日15時13分20秒0015_R
自分では一生見ることができない。


鏡に映っても、カメラで撮っても、
ビデオで撮っても、それは生の自分ではない。

自分にとっての自分ではなく、
自分とは、相手にとっての自分。

相手が見た自分が、自分。

相手が自分と一緒にいて、
幸せなら、自分という存在は幸せ。

相手がいて、自分が認識できる。


コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ