2016年10月22日15時13分20秒0018_R
同時にNOと言われる経験をしておくことが大切です。


NO!と言われた側の気持ちがわからないと、
それは、いじめになってしまう。

NO!と言う側の気持ちにならないと、
それは、逆ギレになってしまう。

NO!というポジティブワードは、
NO!の気持ちがわかる人に権利が与えられる。

NO!の気持ちがわかっていれば、
NO!を言われても、
NO!を言っても、ゲームオーバーにならない。

無限コンテニューモード。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ