2016年10月28日17時49分56秒0010_R
が背中を押してくれる。


朝は、時間の終わりを意識できるが、
夜は、時間の終わりを感じられない。

終わりを感じられないと、
終わること自体を目的としてしまうのが人間。

終わりを意識できるということは、
目的を意識できているということ。

目的が定まれば、それに向かっていくだけ。

目的がないということは、裏を返せば
選択肢があり過ぎるということ。

それこそ、終わること自体を目的としてしまう。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ