仮に学校や会社でどんなに凹むことがあっても、
食事に興味があるということは
2016年11月10日19時14分28秒0002_R
ということだ。


どんな日であっても、
おいしいものを食べた瞬間に忘れられる。

空腹を満たすだけで、
心も満たされる。

人間に与えられた
究極の現実逃避。

それが食事。

誰にとっても娯楽になる。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ