千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「顎の筋肉」




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「確認してからキスするのではない
  
 キスしてから確認するのだ」


千田さん曰く
『できるリーダーははじめの一歩がはやい。

 だから夢を形にできる。

 スポーツの世界ではフライングは失敗だが
 人生においてはフライングしなければ失格だ。

 確認する前にキスしてしまうのだ。』
と。




「!?」


ページをめくった瞬間、
目ん玉に飛び込んできた名言です。


そういう意味だったのですね。




「夢を語る時間」と「実際に踏み出した時間」は対極。



いつまでたっても、夢を実現できない人は
はじめの一歩が怖いから
夢を語ることで自分自身のバランスをとっています。
だから実現できない。
そして、やたらあごの筋肉が筋肉が発達している。



次々と、夢を実現できる人は
はじめの一歩も、確認することなく
フライングしてしてしまうから失敗も多いが
後で振り返ってみると夢を実現させている。
そして、やたら魅力的なオーラを発している。




今やるしかない。

「明日から…」
「キリのいいところから…」


「明日」も「キリのいいところ」も実際にはお目にかかれません。
あるのは「今」という時間だけ。


「未来、現在、過去」
これらすべては単に人間の取り決めであって
存在することはないのです。









追伸
「飛び込んじゃえ!」

          byyousow

「やり方」「結果」なんて即興で考えればいい。

とにかく
後先考えずその理想に飛びこんでしまえ
ということです。


これぞまさしくフライング!


一歩は怖くない。

一歩を怖くしているだけ。

 「リーダーになる前にインストールしておきたい大切な70のこと」

0 Comments

Leave a comment