FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「お洒落」




千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著
『リーダーになる前に20代でインストールしておきたい
大切な70のこと』



「青信号の点滅では

 横断歩道を渡らないというお洒落」



千田さん曰く、
『ビヘイビアを身につけたいのなら
 身近なところから変えていくこと。

 横断歩道を走って渡るのは
 カッコ悪い。

 それは自分の段取りの悪さを
 披露しているようなもの。

 普段から前倒しで生きる習慣があれば
 横断歩道をダッシュする必要はない。』
と。




横断歩道を無理して渡っている姿がカッコ悪い。

横断歩道を無理して渡らなければならないほど余裕がないのがカッコ悪い。


ちょっとした行動がその人の生き様を表してしまうのが
おもしろいところです。


エレベーターを利用する時にもそれは潜んでいると言います。

「乗り合わせた人に挨拶をしない」
「足音が近づいてきたのに『閉』ボタンを連打する」
「乗る順番と降りる順番を守らない」

簡単で当り前のことができるかできないかそこが
分かれ道です。




「壁に耳あり、障子に目あり」


自分で見られていないと思っている行動こそ
人の目にはよく飛び込んでくるものです。




追伸
「あたりまえのことを、あたりまえにすれば
 あたりまえのことが、あたりまえにできる」


                by藤田元司



だからできる人は10人に1人。

当り前過ぎてできない。

できない人が多いから、できてる人は光る。

 「リーダーになる前にインストールしておきたい大切な70のこと」

0 Comments

Leave a comment