Q.なぜ「すぐやる人」が成功できるのですか?

  千田琢哉名言その1987

A.なぜならチャンスはコンピューターではなく、
2016年12月17日21時21分17秒0021_R

ゆうそ考察)
成功している人を、成功者と呼びます。
成功するには、成功者に引っ張り上げてもらうのが正攻法です。
成功者は、チャンスを与える側、つまり決定権者です。
では、成功者はどんな人にチャンスを与えたいか?
優秀な人?努力家の人?ゴマすり上手な人?YESマン?
答えは「やる気のある人」です。
「やる気のある人」とはどんな人でしょうか?
それは「すぐやる人」です。
すぐやる人に成功者はチャンスを与えるのです。

チャンスの消味期限は短いです。
サバ」のように釣り上げた瞬間から鮮度が落ちていく。
釣り上げてそのままにしておいたら、どんどん鮮度が落ちる。
エラや内臓を処理したり、その場でさばいて、塩を振るなり、
何かしないと、おいしく食べれないのです。

「チェンバースの法則」というものがあります。
世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社、シスコシステムズ社の会長
ジョン・チェンバースの名前が由来です。
彼によると、「規模の大きい会社が小さい会社に勝つのではなく、
スピードが速い会社が遅い会社に勝つ」のだと言います。
絶対的に、中小や零細企業が不利ではないと言います。
大きな会社でも、お客様を満足させるスピードが遅ければ、満足度は低い。
小さな会社でも、お客様を満足させるスピードが速ければ、満足度は高い。
スピードは、すべてにおいてチャンスなのです。

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ